2021年11月28日 (日)

ほどほどのファンが一番、楽。誰にとっても。

「ARIA」、「サクラ大戦」などのシリーズを見ても思い入れが強すぎると続編は辛くなる。必ずしも自分の期待するような方向に進むとは限らないからだ。

もちろん「ミンキーモモ」も。ほどほどのファンが誰にとっても一番いいのだと思う。ほどほどに好きで、ほどほどに興味ない感じ。新作が出たら内容はともかく無条件に受け入れて喜び、賛美する。それが本当のファンのあるべき姿ではないだろうか。

Photo_20211128233401

知識をたっぷり詰め込み粗探しをするのがファンの正しい姿とは言えない。そもそも自分も辛いだろう。

正しい批判とは何だろうか。どんな作品にも少なからず不満はある。それは、ほどほどのファンの人達も感じていて、なおかつ無視しているのだ。決して愛がないからではない。その方が自分もスタッフも傷つかないから。エンタメは楽しむためのものだから。

自分が傷つきながら粗探しして批判し続けるほど虚しい行為はない。それが愛の形だとしても

2_20211128233401

制作者は完全な作品を作っているわけではない。商売としてエンタメ商品を作ってるのだから、そこそこのクオリティでスポンサーや大多数のファンが満足すればいいのである。

自分のように世界観の矛盾を許さないアホのために作る必要はないのだ。たかがアニメ、漫画、ゲーム……。キャラクターデザインの芦田さんも東大生達に「真面目にアニメ研究しちゃってるんだ(笑)」と仰った。真面目に作ってないモノを真面目に語る事ほど滑稽な事はない。もちろん制限のある中で精一杯やっているだろうが、ファンが望むほどの完成度ではない。それに作画監督の上條修さんみたいに「モモを殺すな!!」と抗議しても物語を作るのは首藤さんだから、責任を取るのも首藤さんや湯山さん。制作者とは言っても十把一絡げにはできないのだ。真剣度や考え方は個々の制作者によって違う。

3_20211128233401

 

そもそも不満があったとしても才能のない人達じゃ、そのレベルの作品さえ作る事はできまい。自分で試してみて初めて彼らの類まれな才能に気が付く。そう、首藤さんや湯山さん達は数多いるアニメ制作者の中でトップクラスの才能の持ち主である。彼らの作品に満足できないのは、もう自分の方が間違っているのだ

前にも書いたが、あまりエンタメ作品とかに固執するのは得策ではない。こういうモノは初めから不完全で姑息な息抜き娯楽作品なので、突き詰めて練られてないのだ。「うわーすごい感動して泣いちゃった」のままなら問題ない。でも、粗が見えてきたり、制作の裏側が透けて見えてきたら、別な趣味を見つけた方がいい。その方が絶対にいい。

実は自分にはミュージシャンや映画監督にも相当固執してる人達がいるのだが、その人達の作品が変化していっても付いていけるのだ。同じエンタメでも、モノによっては芸術なんだと思う。「ミンキーモモ」は芸術作品じゃないし、首藤さん達はアーティストじゃない。アーティストであってほしかったと自分が望んでいただけだ。それは勝手な願い。

ちょっと真面目な部分もあるけど可愛い女の子が頑張る楽しいアニメ……という程度の見方で終わらせるのが一番いいのだろう。自分には出来そうもないが

|

2021年11月27日 (土)

「ミンキーモモのファンに男が多い」は不正確!?

アニメ誌でアンケート調査すると男性ファンが多めではあったのは確かだが、アニメ誌などを読む人間が対象では本来の対象者である女児が含まれていないので甚だ不正確と言わざるを得ない。もともと男の読者が多いマニアックな雑誌でのアンケートは目安程度だろう。本当に女児を含めて「ミンキーモモのファン」を調べないといけないが、そんな事ができるはずない。マニアではない一般人を対象に調査など、はじめからできないのがアニメ誌である。

同人誌に関しては最初の頃、全く興味なかったし自分もまだ同人誌即売会に足を運ぶほどの年齢じゃなかったので余り分からない。ただし有名なのは結局のところ男の作る同人誌だから目立つのは仕方ないだろう。

男のファンが確かに多かったのはスタッフの話からしても間違いないだろうが、これも当たり前でスタジオに女児が押し掛けるわけない。だからといって毎週楽しみにしていた大勢の女児の存在を忘れてはいけない。

首藤氏などは多くの女児ファンが目に入らなくなってミンキーモモを大人のファンタジーに変えてしまったが、もっと冷静になるべきだっただろう。ネットでの書き込みを拾うと元・女児の人達による「好きだった」との意見も多数ある。

というか男性のファンも女児のファンも差別せずに等しく扱ってほしいものだ。また、割合によって「ミンキーモモはロリコン向けwwww」とか評するのは内容を無視しており卑怯でしかない。

|

志賀真理子さんのアルバムが再発売

アイドルデビューする前から「どんなもんだいQテレビ」で印象に残っていた志賀真理子さん。「夢の中の輪舞」で歌手デビューしたものの、それはプレデビューという事でなかった事にされ、別途デビューしてアルバムを出したのだった。その後、留学先のアメリカでドライブ中に車から投げ出されて死亡。19歳の若さだった。

4943674325504

唯一のアルバムがCDとなって再発売されている。昨日たまたまタワーレコードでコーナーがあったのを見かけて懐かしく思った。

|

2021年11月25日 (木)

3枚ほど

ニフティのココログのログイン方法変更記念。2_20211125231001 Photo_20211125231001 3

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

ツイッター投稿不能

このところツイッターにハマっていて毎日何かしら投稿していた。徐々に内容はエスカレートしていって結構また過激な事を呟き始めていたところだ。それの何が悪いって気がしていた。どうせ自分はまともなファンじゃない。

と思ってイライラしながら投稿した11月20日の事だった。いいね!しようとしたら出来ない。投稿も出来ない。「このリクエストはコンピュータによる自動的なものと判断されました……」というエラーメッセージが表示されて先へ進めない。パスワード変えたり、ツイッター社に連絡したりしたが、今のところ使用できない。他の人からも自分の投稿が見えなくなったので、何かあったと気が付くだろう。

気が付いたらプロフィールが消されている。Bot・スパム認定されたのか何なのか。思い当たる事といえば、複数のパソコンから投稿していた事ぐらいだ。しかし何でもない操作しかしていないのに唐突に制限をかけるなんてツイッターは矢張り乱暴な会社だな。一社独占というのは危険と痛感した。

ネットで情報を漁ると回復するまで数週間ぐらいかかるらしい。何かこう、頭を冷やすにはいい機会かもしれない。少しツイッターを使い過ぎていた気もしていたので、ここらで休むのも悪くない。

そもそも自分だけがミンキーモモのファンでもあるまい。ブログもpixivもある。まぁいつ止めてもいいと思ってる。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

小児性愛障害とミンキーモモ

小山茉美さんがナレーションを務めるTBS報道特集で「教員・保育士によるわいせつ被害」が放送された。抵抗できない子供達を相手に性暴力をふるう非道な行為は断固糾弾されなければならない。特集の中で加害者は大した罰も受けずに何かあっても再び同じような職場で働き性暴力を続ける事が指摘されていた。そして、その加害者達には恋人や妻子もいた。

「ミンキーモモ」のシリーズ構成・首藤剛志氏は大した根拠もないのに長い間ファンを小児性愛の加害者のように非難し続け、ミンキーモモの作品をも貶め続けた。自分がスタッフとはいえ、許されない行為である。実際のところミンキーモモのファンだからといって幼い子供達に性暴力をふるうような男性達ばかりだったであろうか?確かに可愛い少女が好きというのはあるに違いない。

しかし、性暴力を促すような作品でもないし、ファンもまた節度ある人達ばかりだったように思う。本当の性暴力とは何か、加害者が普通に大人と恋愛もできるような人間とは想像もしていなかったのか。ひたすら自分の思い込みだけで「ミンキーモモファンは恋愛のできない小児性愛障害のある性犯罪者」と訴え続けたのである。それなら「ミンキーモモ」は児童ポルノなのか??もし、そうならば制作スタッフには責任があったのではないだろうか?

これは障害であり、治療しなければいけないものでもある。詳細はこちら

 

首藤剛志氏がご存命なら反省し、謝罪してほしかったものだ。氏は類まれな才能の持ち主ではあったが、決して正しい判断のできる方ではなかった。それが非常に残念だ。

この特集のナレーションをミンキーモモ役・小山茉美さんが担当した事に何か非常に大きな意味を感じた。

|

2021年11月13日 (土)

忘れることがミンキーモモの為である。

ツイッター界隈のミンキーモモに関する書き込みの惨状を見るにつけ、既にミンキーモモのファンは殆ど死に絶えたと言っていいレベルである。うろ覚えで中途半端な記憶で嘘ばっかり書き綴る人達とハマーン様からみの揶揄、ミンキーモモのヘアスタイル報告……。

たまに思い出したようにイラスト描く人がいる程度だ。声を揃えて「ミンキーモモ好き、可愛い」。はいはい。アニメ見てなくても描けるからね。

しかし割と熱心なファンもいるにはいるが、それはパンチラと裸が見たいファンである。それなら自分も、そういうファンのために描くべきではないかという気もするが、生憎と渡辺浩氏のようにサービスできるほど整っていない。

自分が好きだからファン活動しているのは確かだが、ここのブログを見てお分かりのように歪んだファンである。むしろアンチじゃないかね。そんな人間がいつまでもファン面していいわけない。

ミンキーモモについては忘れるべきである首藤さんも応援してほしくないだろう。忘れてあげるのがファンの務めではないか。どうせ目にするのは不愉快なツイートしかないからメンタルにも悪い。盛り上がりもしないネタを放り込む作業にも疲れてきた。色んな情報提供しても、昔のツイートを掘り返してくれる人達も皆無だから無駄なんだよねツイッターは。同じ所をぐるぐる回るのがツイッター。

一度は関わらないようにしたのに30周年で仕方なく復帰した。もうすぐ40周年だから、そろそろ潮時だろう。

今度こそ「忘れ物はない」ようにしたい。

 

|

2021年11月12日 (金)

地獄少女>ミンキーモモ という人気具合

「ミンキーモモ」は既に古典で、アニメを嗜んでる人達や中年女性の懐かしいアニメ程度の認識になっていてファン自体はかなり減少している。「旅立ちの駅」(1994)以降はちゃんとしたアニメもないので、忘れられても仕方ない。

ミンキーモモで名を揚げた渡辺浩氏が原案の「地獄少女」は2005年から4期に亘って放送され、現在も新作パチンコ台が発売されるほどの大人気である。

今はアニメ乱造される時代で「地獄少女」も消えていて変ではないのだが、「それほど昔ではない」「キャラの魅力」「エピソードのインパクト」もあって人気を維持している。

仮にミンキーモモ3が2004年に制作されていたら、かなり事情は違っただろう。少なくても今ほどぞんざいに扱われてなかった気もする。

この2つは渡辺浩氏が関わっているだけで、それ以外は何も接点はない。ただ、「地獄少女」の制作されたのが偶然にも「ミンキーモモ3」が作られそうになった時期なのである。つまり、うまく「ミンキーモモ3」が制作されていたら今の「地獄少女」ぐらいには人気もあったかもしれないのだ。

どんな名作でも、ある程度はコンスタントに新作を投入していかなければ人気の維持はできない。そういう意味では、4期まで制作できた「地獄少女」は凄かった。「ミンキーモモ」は人気維持を全く考えなかったのだから、今の「ぼんやりした」人気だけなのは当然の帰結である。

|

2021年11月11日 (木)

渡辺浩氏について #ミンキーモモ

ミンキーモモ(82)において渡辺浩氏の功績は目覚ましいものがあり、ミンキーモモを人気アニメの仲間入りさせた事に氏の力があったのは間違いない。

379_20211111203301

オープニング作画に始まり、「暴走列車が止まらない」「がんばれミラクルズ」で原画を担当し、「妖魔が森の花嫁」でついに作画監督デビュー。新世代アニメーターの描く次元の違うモモの可愛さと細かな動きはすぐに評判になった。また「アニメージュ」表紙でビキニ水着姿の眩しいモモを描いてモモを一気にアニメアイドルの座へ導いた。

また「夢のフェナリナーサ」では秀逸な着替えシーン、その後も白雪シリーズも担当して人気を不動のものとした。

2年後、「夢の中の輪舞」では超美麗なアニメで素晴らしい作画を我々に見せてくれた。まさにOVA時代の開拓者の一人となる。

その細かな動き、卓越した技術による作画でベテランの上條修氏さえも虜にしてしまったとの事。そんな実力を身につけた渡辺浩氏、なんとジブリの「魔女の宅急便」の作画にも参加して、宮崎監督にも認められている事を示した。

ミンキーモモ(91)では、新しいモモのキャラクターデザインを作り直した。メインの作画は同じスタジオライブの富永真理に譲ったものの、初回や「走れ夢列車」「夢の彼方に」にて作画監督を担当して懐かしい雰囲気を感じさせてくれた。

最後のモモのエピソード、OVA「旅立ちの駅」では作画監督だけではなくコンテ・演出も手掛けて、まさしく「ミンキーモモの渡辺浩」を締めくくってくれた。

_______________以下、閲覧注意_______________

ライブ入社したころの渡辺浩氏を芦田豊雄氏は「天才少年」だと思ったそうだ。その後、パラパラアニメで培った実力を見抜いた芦田氏は売り出す事にして、オープニングに名前を出させたらしい。

忙しくてモモの仕事ができない芦田氏に代わって、渡辺氏は素晴らしい才能を発揮して皆をあっと言わせた。

ところが「輪舞」後に出たアニメックの「渡辺浩」特集を読むと「作画監督はつまらない」「動かない絵(イラスト)は苦手」と発言。驚いた事に西島克彦氏が「もう彼は冷めている、テレビのモモの頃は熱かったのに」と書いている。これは恐らく的確で、以降の渡辺氏は作画に興味をなくして演出・監督業を目指すようになっていく。

海モモ(91)の頃には空モモ(82)の頃にあった艶やかな絵柄は消失。かつて見事で賞賛されていた細かな動きもない。僅かに面影が残る程度だった。

現在では監督業がメインで殆ど作画の仕事はしていない。

前述の「渡辺浩」特集で芦田氏は「この世界は実力社会だから将来の利益になるような仕事をしてほしい」と語っていて、まさしく氏は作画の仕事より監督業を優先しまったのだ。

見ていた側としても渡辺氏の何かが消えていくのを感じていたので仕方ないとは思う。ただ、せめて海モモの頃までは作画に対する情熱を保持してほしかったと思う。「いつかフルアニメで作ってみたい」と語っていたと記憶する。いつも原画枚数が多くて周囲をビックリさせていたのに……ミンキーモモの終焉が渡辺氏の作画の終焉を告げていた気がする。

氏のピークはテレビ版のミンキーモモである。

|

2021年11月 3日 (水)

(※閲覧注意)クリィミーマミとミンキーモモの怪しい関係

これは長年に亘って目を背けてきた問題である。クリィミーマミのファンの方々には今すぐブラウザバックしてほしい。絶対に読まないでください。

一言で言うなら、「クリィミーマミ」という作品は明らかにオマージュを超えて「ミンキーモモ」を盗用したアニメである。ちなみに何1つ証拠はなく、状況証拠だけで「言いがかり」と言われればそれまでである。以下は類似点。

・「魔法のプリンセス ミンキー モモ」→「魔法の天使 クリィミー マミ」 「フェナリナーサ」→「フェザースター」という名前(タイトル)の付け方

・ミンキー(ミルキー)→クリィミー トロトロした柔らかいイメージ

・魔法は少女から大人(プロ)への変身だけ

・キャラクターデザインは間接的に大物を起用 鳥山明→高橋留美子

・髪型 少女のモモ→マミ 大人のモモ(ショートカット)→優

・服装(優) フード付きベストの重ね着 ブーツ→ブーツっぽい黄色のソックス

・キャスト ママは土井美加 使い魔 三田ゆう子

・話せる動物型妖精が仲間

・親が自営業 ペットショップ→クレープハウス

・パ行を多用した呪文 音感や流れも同じ 「ピピルマピピルマプリリンパ」→「パンブルピンプルパムポップン」

・魔法のステッキとその使い方

・・・などなど思いつくまま列挙したが、多分これだけでは収まらない。

またエピソードでも残念な事にミンキーモモの脚本を担当した土屋斗紀雄が書いた「私のすてきなピアニスト」は、大人の姿で恋をして別れるというミンキーモモ「いつか王子様が」と酷似していた。

余りにも似ているし、「ミンキーモモ」終了直後に始まっているため2つは同じシリーズと思っている人達は今でも多いぐらいだ。しかし、制作プロダクションもスタッフも違う。そして、イメージが重なるため「どちらも好き」という人達もまた多い。それは当然である。意図的に「ミンキーモモ」に似せて、人気も継承して発展させたのが「クリィミーマミ」だからだ。

作り方もうまく少女漫画にありがちな「子供にしか思ってもらえない年上の美少年に恋している」という設定、女の子がなりたいアイドルだけにフォーカスした美少女への変身を盛り込み、無敵状態でスタートしたのが、このアニメである。モモにはなかったリアルな少女の恋愛を投入する事でモモよりも年齢層の高い女の子達にもアピールする事ができた。

厄介なのは伊藤和典氏、高田明美氏、他スタッフが非常に有能だった事だ。ゴリ押しで素人の太田貴子さんが主役になっても上手く扱う事ができた。ただし、素人に主役をやらせた事で、今に至るまで悪い影響を与える結果になってしまった罪は免れないだろう。

個人的には全く「クリィミーマミ」に悪い印象はない。むしろ結構好きだ。とはいえ、「ミンキーモモ」をパクった事実はとても隠しきれるものでもないし、隠すつもりもなさそうだ。エンタメというのは盗用合戦。「悪役令嬢」「異世界転生」「艦船美少女化」が流行れば、すぐに真似してリリースする。「ガンダム」が流行れば「マクロス」。「マクロス」の新番組情報を見た時は流石にアニメ業界の異常さを痛感したものだ。

似た設定で以降ぴえろはシリーズ化、魔法少女アニメを連発する事で魔法少女のテンプレートみたいなものを創り上げていった。今あるテンプレートは「ミンキーモモ」より、ぴえろ魔法少女シリーズの功績が大きいと思われる。しかし意地があったのか葦プロは「スイートミント」「マリーベル」でも普通の少女が魔法少女になるパターンは使わなかった。

もともと「はずんでクリィミーマミ」というタイトルだったはずだが、「魔法の天使クリィミーマミ」になったのは、その方が「魔法のプリンセス ミンキーモモ」に近いから幼い視聴者を根こそぎ奪えるという考えが透けて見える。金儲けはそんなものだろう

「クリィミーマミ」は見てはいたけど、資料的には何も調べていないので全ては表面上の類似である。だから一視聴者の感想に過ぎない。しかしながら、これだけ多くの類似点がある以上は盗用というレベルに達しているだろう。まぁ「ミンキーモモ」も東映魔法少女から設定は一部コピーしているから訴える事もできないだろうし、そもそも葦プロに来た企画を葦プロが断って「ぴえろ」に回ってきたという噂なので、文句も言えまい。おぼろげだが、スタッフ対談で「モモがなければマミはなかった」という発言があったと記憶する。

それに両者は反目するどころか、仲良く映画(OVA)上映してアニメで共演さえしてるのだ。外野があーだこーだ言う問題ではないのは重々承知している。だからこそ約40年間、一言も盗用について発言してこなかった。

っても、約40年間黙っていたけど一度は盗用について明記しないといけないとは思っていたので、そこはご容赦ください。盗用という言葉は使いたくなかったので、最後まで悩みました。けれども、じゃあオマージュ、単なる偶然、ただ影響を受けたというレベルなのかといえば違うと断言もできます。盗用はエンタメ業界の常識であり、よくある現象だから仕方ない事でしょう。

その上でクリィミーマミのファンの方々には決して私に悪意のない事だけはご理解頂きたいと思うのです。むしろ自分は「クリィミーマミ」を「クリーミーマミ」とネットで書かれる度に憤慨しているのです(これに関して高田明美さんが嘆きのイラストを投稿された時は、本当に辛かった)。

これからも「クリィミーマミ」が末永く発展していく事を祈念しております。新しいフィギュア発売おめでとうございます。

よろしくお願いいたしますm(_ _"m)

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ミンキーモモ