« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月28日 (金)

ミンキーモモ・コンプリート BD-BOXの不安

2022年末にミンキーモモ・コンプリート BD-BOXが発売される事になった。ブルーレイではあるが、内容はハイレートSD。ちなみにブルーレイの容量50ギガとDVDの容量8.5ギガ、各収録時間でそれぞれ割ってみるとブルーレイの方が4~5倍の密度になりそう。DVDの方はMPEG-2という圧縮形式だが、ブルーレイの方はH.264という圧縮効率の高い技術を使っているのも大きい。

ということで新たにデジタルマスタリングもされているし、DVDの画質を上回るのは間違いない

ただ、前回の空モモBD-BOXにおける画質が非常に悪かったという評価だから妄信はできない。それにハイレートとはいえSDなのでHDには敵わない。怖いのは、この後にHDでちゃんとしたBD-BOXが発売される事じゃないだろうか。そうなると今回の5万円そのものが無駄になってしまう。ハイレートSDで発売されるのは「コスパいいので買いやすい」という点。つまりマニア向けではない。

80年代アニメのBD-BOX化、画質に関しては賛否両論がある。全員が「文句なく美しい」という事がないようだ。「戦闘メカ ザブングル」なんかは「Blu-ray化するにあたり、ニューマスタープリント、2Kスキャン、HDリマスターを実施。」それでもまだ画質に不満な人達もいた。

このハイレートSDによるBD-BOXがミンキーモモ最終版なら買う価値もある。しかしながら、数年後にちゃんとHDリマスターでBD-BOXが出た場合は……現時点で最高画質ではない中途半端な商品を大枚はたいて買っていいのか不安が残る。

もし首藤さん以外のミンキーモモ新作が見たいと思っている人達は、このBD-BOX売り上げが原動力になる可能性もあるので買った方がいい。

| | コメント (2)

2022年10月23日 (日)

いつか死ぬ日

首藤さんや芦田さんも逝ってしまわれたが、知っているのは有名な人達だけで実際には多くのミンキーモモ関係者が亡くなっている事だろう。わたなべひろし氏の奥方もそうだ。

人間というか生物はいつか死ぬのである。物語もいつか終わるのである。終わった物語を追い続けるのは死んだ人の思い出を追いかけ続けるのに似ている。そこに未来はない。しかし追いかけ続ける限り心の中に生き続けるのだろう。

4_20221023162501

追いかけ続けるのを疲れた人達は新作を求める。死んだ人ではなく似た人を愛したくなるという事。人間は弱い動物で、永遠の愛を持つ事は出来ないのである。そもそも生物は繁殖のために存在してるのだから、いつまでも同じ愛に執着している事はできない。ずっと同じ愛に執着できる人達はある意味で死人と同じ。

毎週ミンキーモモを待つワクワク感は永遠に失われた。あんなにワクワクする気持ちを感じた事はなかった。デートやら旅行でドキドキするのとは違う「見た事のないモモちゃんの新しい冒険」はスケールの大きい破天荒な夢そのものだった。彼女は魔法少女というより冒険家に近い存在じゃないか。

……今回もイラスト掲載のため駄文を捻りだしたお。

あそこまで気軽にあちこち行けるのは体のない幽霊ぐらいかもしれない。もしかしたら死ぬという事は夢が叶う事なんじゃないだろうか。この肉体という縛りから解放されたら生物は自由になれるといいなと思う。

| | コメント (2)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »