« ミヒャエル・エンデの「モモ」と「ミンキーモモ」は関係ない | トップページ | 友情の描写不足 »

2022年8月 1日 (月)

OVAは要らなかったのでは……

放射能マークのモモちゃんよりスカートめくられてるモモちゃんの方が需要あるのかもしれん……。

Fzalydxuuaufhu2

前々から思っているのだが、別にOVAは必要なかったのではないか。「夢の中の輪舞」はこの後すぐ死ぬとか思うと心から楽しめなかった。「夢にかける橋」はミンキーモモである必要なし、「旅立ちの駅」は海モモの両親死亡・お供消滅という暗い裏設定が暴露されて気分悪い。

OVAは意外に作るのが難しいらしい。というのも一度は終わった作品だから、そこから再起動させるのが大変なのだそうだ。実際のところ「夢の中の輪舞」なんかは作画が変わりすぎてた。そういえば姉妹作の「ゴーショーグン・時の異邦人」もテレビとはかけ離れたストーリーだったな。

「また、やりたいね」はスタッフの合言葉にしてファンの希望でもあるが、そう簡単ではないだろう。特にモモのように死んでたりすると続編としての制作は厳しい。「夢にかける橋」みたいにテレビ版と完全に切り離してしまえば楽かもしれないが、ミンキーモモならでは魅力を伝えられない。

テレビで見た素敵な世界をもう一度!、叶わぬのがミンキーモモなのだ。

あなたなら、どんなOVAが作りたいですか??自分なら以下のとおりでした。

ミンキナーサをもう一度活躍させるエピソード

子供のモモが恋するエピソード

レイちゃん主役のエピソード

フェナリナーサに住んでた頃のエピソード

|

« ミヒャエル・エンデの「モモ」と「ミンキーモモ」は関係ない | トップページ | 友情の描写不足 »

ミンキーモモ」カテゴリの記事

コメント

セニトさんこんにちは。

特に「ミンキーモモ」のように、ああいう極端結末をつけてしまうと、なおさらOVAなんて作りにくいでしょうね…。
「夢ロン」にしても、新作モモの2作にしても、方向性が今ひとつわからなくなっている(そもそも変身しないモモはモモなのか…)のは、そういうことなのかもしれませんね。

うーん、ご提案のOVA案なら、3番目と4番目がいいかなぁ。
12モモのちょっとした恋愛系の話は、せいぜい「機械じかけのフェナリナーサ」が精一杯のような気がするし、43話になると、ちょっと重すぎるようにも思えるので、それらの焼き直しみたいになってしまいそうなので、やはりレイさんメインのストーリーと、フェナリナーサの風景が描かれるであろう4つめのパターンの2種類を推します(笑)。同人時代にも思っていましたが、モモ本人に向かっていく話のほうが、描きやすく、みんな興味があるんじゃないの、とか思うのですが。

まあしかし、『ドラえもん』でも、映画はあまり面白くないという人もいるように(特にあの3DCGのは、酷評する人が多いですよね)、同じ世界観の延長で作るほうがいいはずなのに、それを揺るがせた方が勝ちみたいな気持ちが、脚本や監督にあるとすると、ただの駄作か、混沌としてテーマを外れたような残念作が出来てしまう懸念があるように思えます。
もっとも、アニメで無い映画も2作目以降を面白く、違和感無く作るのは難しいようですけどねぇ。『ネバーエンディングストーリー』も2作目は見る気にならなかった…。

投稿: すぎたま | 2022年8月 1日 (月) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミヒャエル・エンデの「モモ」と「ミンキーモモ」は関係ない | トップページ | 友情の描写不足 »