« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月27日 (水)

ミヒャエル・エンデの「モモ」と「ミンキーモモ」は関係ない

Twitterで「ミンキーモモがミヒャエル・エンデのモモにインスパイアされて作れたのは定説」という信じられない事を語る人がいて仰天。急いでブログでも否定しておかなければいけないとパソコンを立ち上げた。

これについて首藤氏がブログで否定していたのを引用するまでもなく、ミヒャエル・エンデの小説・映画を見れば影響を受けてない事は明らかだ。ミヒャエル・エンデのモモは時間泥棒によって盗まれた人々の時間を浮浪児のモモが取り戻すというストーリー。ついでに紹介すると同作者のネバーエンディングストーリーは少年が童話の中の世界に干渉して救い出すというストーリーで、人々が夢と希望を失ったために王国が亡びるというから、こちらの方がまだミンキーモモに近い。

そもそも誤解はタイトルにあるだろう。しかしながらミンキーモモは二つの企画が1つになって制作され、タイトルがモモになるかどうかは決定されていなかった。確かにモモというタイトルに固執するスタッフだかスポンサーがいて、それで決まったようだが、モモは既に商標登録されていたのでミンキーモモとなったらしい。

「ミンキー」って何??という問いかけをよくTwitterで見かけるが、これはミルキーというフワフワして甘いイメージから作られた造語とのこと。ミンキーという単語自体は実在するが、それも無関係。

とにかく定説は目にした事がないし、それを発言した人がミンキーモモを見た事もなさそうな知識だったので非常に残念だ。

長い間こうしてファンをしていて思うのだが、たった一つの作品であっても正しく理解するのは難しい(作者やスタッフの意図を正しく把握するのは難しい)。それが数多あるアニメならなおの事、一つずつ正しく理解して感想やら考察するのは容易な事ではあるまい。

ミンキーモモのLDボックス解説者がミヒャエル・エンデのモモを取り上げたりしていて、そういうところから誤解の生じた可能性がある。今回たまたまTwitterの投稿を見つけて否定できたのは不幸中の幸いだった。

 

| | コメント (2)

2022年7月22日 (金)

水着モモちゃんサマー2022♡

こんなの描いて馬鹿じゃなかろうか。いや夏なので機械的に描きました。それだけです。

暑いですね、ご自愛ください。地球温暖化も留まる事を知りませんね。近年の水害やゲリラ豪雨もその影響らしいですよ。夢と希望よりも先に温暖化対策しないと危ないですよ地球は。

などと辛気臭い話はなしなし。

2022_20220723010501 Photo_20220723010501

モモちゃんの可愛くて少しセクシーなビキニ姿を堪能♡自分が描いたモモイラストでビキニ姿ってなかったような、気のせい?公式はビキニばっかりですよね。芦田先生の画集でもビキニでしたわ。

今年はこの1枚(※少し前に描いたラフなイラストを着色して追加したので2枚になった)で勘弁してあげてくださいよ。ちなみに、これもブログだけの特典イラストですかね。何しろブログまで見に来る人達は相当なモモ好きでしょうから。

もうファン活動やめたいとか言ってるから今回が最後なのかもダバよぉ。シーユーアゲイン♪

| | コメント (4)

2022年7月16日 (土)

さよならは言わないで~ファン活動とは

というかイラスト描くのが本当に厳しいんですわ。だんだん集中力が減退していくものですからな。

ブログ、ツイッター、ピクシブと3つのサービスでファン活動してますが、そろそろ本当に疲れてきました。30周年から40周年にかけて割と頑張ってきましたが、首藤先生のご逝去、40周年に関しては公式の葦プロさんが一ミリも動かず過ぎてしまい、非常に残念です。小山茉美さんにしてもモモの声が出せる最後のチャンスだったでしょう。

Fxtbxc2usaa8trr

3つに分散してファン活動しているのも疲労が蓄積した原因の1つです。ネットは垣根のない自由な世界と期待したのに結局のところ囲い込みによって分断されてしまってます。かなり面倒くさい感じです。

せめて首藤先生がご存命なら少しは希望もありました。もはやミンキーモモというのは完全に終わっているし、終わっていてほしいのです。皆に忘れてもらって、なかった事にしてもらえれば一番いいのでしょう。誰かにミンキーモモを思い出させるようなファン活動こそ何の意味もありません。

考えてみたら自分も忘れてほしい存在だったのに何をしてるんでしょうか。

Photo_20220716175101

| | コメント (0)

2022年7月 9日 (土)

ファンが作品のイメージを悪くする

水着姿を恥ずかしがってるモモさん……普通の水着姿よりアウトな気がするのは気のせいでしょうか。

Photo_20220723010401

タイトルはネットで見かけて自分も共感した言葉。ミンキーモモじゃなくても、確かに熱烈なファンの人達のイメージがそのまま作品やアイドルとかのイメージになってしまう事は多々ある。例えばAKB48なんかは人によってアイドルよりもファン(もしくは握手券・センター総選挙)のイメージが強いだろう。

ミンキーモモみたいなアニメの場合、ファンがロリコンで幼女のパンツに興奮するような人達だと広まれば、アニメとしては感動的な物語だとしても「ロリコン向け」というレッテルが貼られる。実際のところ既に定着しているようだ。販売会社側も「ファンタジーアニメ」という宣伝文句から「美少女アニメ」に切り替えたし、どうしようもないのである。

それだけではなく、やたらマニアが初心者を遠慮なく知識攻撃するのもイメージを悪くする。自分も気を付けているが、一度「ミンキーモモのアイコンの奴がイキっていた」とツイッターで言われた事もあって、それから攻撃的な内容は控えて間違いの指摘も丁寧に書くようにした。今はミンキーモモのアイコンは使っていない。

ちょっと話はズレるが、バーチャファイターという人気のあった対戦格闘ゲームがあるが、ゲーセンでマニアが初心者をいつも圧倒してしまうので新規のファンが逃げてしまい今ではゲーム自体が消えてしまった。

ファンというのは時と場合によっては作品の傾向を調べるリトマス試験紙として使われる。つまりエッチなファンが多いアニメはエッチなアニメなのだ。逆に立派なファンが出てくれば、作品のイメージも向上するだろう。マニアならファンの代表として恥ずかしくない態度を心掛けた方がいい、という話。

_______________

ツイッターを使っているのだが、やたら一人でミンキーモモの話題を投稿しまくっていて目立っている気がするのだ。うーん、悪目立ち??ミンキーモモの為になってないなら、ファン活動の主旨に反しているんだし、そろそろ引き上げるべきじゃないかと……

| | コメント (2)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »