« もしかしてモモ活そのもの限界なのかも | トップページ | 2022年あけましておめでとうございますッ »

2021年12月29日 (水)

最近のユウウツの原因はARIAの映画

というタイトルどおりなんですよ。あのARIA映画の作り方がミンキーモモの「夢の中の輪舞」あたりを彷彿させてユウウツになっているのです。

過去の話を付けたすの止めろって。もう絵柄も声もセリフも変わってるんだし、やるなら昔のテレビ版に挿入できるような雰囲気で作ってくれよ。別の人達が作り替えてるのに「あの時の話」を後付けされるのは辛いんだわ。

で、佐藤順一監督は「レジェンドゴンドラは部品がすべて入れ替わっても変わらずにレジェンドであるように、『ARIA』もキャストや制作に関わる人が入れ替わっても「ARIA」である。その事実はいろいろなものに通じることなので、そこをきちんと描ければ総決算として成立するだろうと考えました」と語っていて、それがまた納得できないのよ。

スタッフが変わっても同じ作品ってどういう事よ!?

なんかね、「ミンキーモモ」もだけどアニメに原作がなくて作る度に(メイン)スタッフが変わっていくのが辛いんだ。最終的に「ミンキーモモ」の原作は葦プロに奪われてしまった。それでも「ミンキーモモ」だと言うわけ??結局のところ、こういう事ね。作品じゃないの、我々は商品を見てる、もっと言えば消耗品を見てるのだよ。確かに頭では分かっていたけど、認めたくなかったんだわ。

でも、大好きなARIA見て、またソレを思い出してしまった。だからユウウツ。ミンキーモモの時は大昔だから仕方ないのかなと思ったけど、今でも何も変わってないと突き付けられた。スポンサーの金儲けのためにアニメは作られている。漫画を売るため、アニメーターから搾取するため。誰も幸せにならない世界なのかもしれない。

ああ、今日もユウウツ!!

 

|

« もしかしてモモ活そのもの限界なのかも | トップページ | 2022年あけましておめでとうございますッ »

ミンキーモモ」カテゴリの記事