« ミンキーモモとパンドラの箱 #ミンキーモモ | トップページ | 執着=依存 »

2021年6月 4日 (金)

もし新作が制作されたら…

もし生きてる間に「ミンキーモモ」新作が制作されたの話だが、やはり見るかどうか悩むと思う。単発的な漫画ならともかく本格的なアニメだったら……。

「ミンキーモモ」新作に関してはミュージカル、漫画があったが、パラレルワールド的な物語で名前だけの借用だったのが救いだった。

結論から言うと「ミンキーモモ」という名前の誘惑には抗えないだろう。どんな酷い設定でも空モモ・海モモを変に弄られても見てしまう。そして、どんなゴミ作品にも必ずファンは生まれる。以前は空vs海という構図もあったが、またしても新作認める派vs認めない派に分かれるだろう。認めないと老害扱いされる。

まぁ自分も文句を言いながら見る。「髪の色と名前しか同じじゃない」とか言ってそう(笑)得するのは常に思い入れのない自称ファンだけだ。特に「ミンキーモモ」の場合は可愛いという事だけが重要視されがちなので、キャラクターデザインさえ可愛かったら許されそう。あと声は誰がやっても一緒やろ(笑)なんて浅川悠さんに怒られそうだ。

所詮、アニメやら何やらはエンタメ娯楽商品で芸術作品じゃないから、消費者の私らは与えられたモノを受け取るしかないのよ。嫌なら見なきゃいいし買わなきゃいい。強要されるわけではない。著作権を買ったディズニーが「スターウォーズ」の続編を好き勝手に作るのも自由。「これは俺の望んだミンキーモモじゃない」とか言っても空しい話だ。

そもそも二次創作でミンキーモモを好き勝手に描いてる自分が言う権利もないだろうよ。

いずれにしても夢は叶ったとしても理想の現実とは違うからね。人間モモが大人になって夢を叶えたとしても、それが思い描いていた世界とは違うっていうのが普通だろう。

|

« ミンキーモモとパンドラの箱 #ミンキーモモ | トップページ | 執着=依存 »

ミンキーモモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミンキーモモとパンドラの箱 #ミンキーモモ | トップページ | 執着=依存 »