« 他人の創作物語に感動するのは不毛なのか?? | トップページ | 5人の初代モモ »

2021年6月11日 (金)

小山茉美がアイドル声優を作った!?

ご存知、我らが小山茉美さんは空モモの声優さんだ。NHK「ママのお引越し」などで普通に俳優もやっている。そんな彼女がアニメージュの声優人気投票1位だったというのは輝かしい歴史の1ページなのだが、同時に美人アイドル声優という存在が誕生した瞬間でもあった。当時を知ってる人達はよくテレビで彼女を見かけたはずだ。数年前の二枚組CD発売イベントでも語っていたが、ヌードグラビアの依頼もあったそうだ。流石に困ってビスチェを着て誤魔化したとの事だったが……。

Screenshot-20210611-at-175537-1983

もともと舞台女優で顔出しできる容姿だったのである。

首藤剛志氏は語る。「……そのぶん、声優の質が落ちても通用する時代になってきている。声優として演技力や技術力のない若手がどんどん出てくる。理由は簡単で、ギャラが安いからである。もしくは、声優ファンを狙って、声ではなく外見で選ぶ事もある。誰が言ったか知らないが、グラビア声優の横行という事になる。」(シナリオえーだば創作術71回)

この演技力のないグラビア声優、前にも書いたけど作り出したのは他ならぬ「ミンキーモモ」……。他にも要因はあっただろうが、アニメアイドル人気があった「ミンキーモモ」の成功を見て作られた「クリィミーマミ」からは、ついに本物のアイドルを声優(棒)に起用しはじめた。以降、原田知世やキューティー鈴木などが声優として起用されていく。ギャラだけの問題ではない。

だいたい一般人には演技力なんて分からないのだ。容姿だけが重要。そして小山茉美さんは美人で、アイドル声優の先駆者となったのである(これは本人も認めている)。当時からジュリーなど既婚者もアイドルとして人気を保持していて、小山茉美さんが既婚者だった事は問題にならなかった。業界では「声優も容姿やで」との思惑を強めていく。

そもそも日本の映画・ドラマでは演技力は必要ない。それはアニメでも同じ。となると大事なのは容姿なのである。今のアニメファンは声優に容姿と若さだけしか求めていない。林原めぐみさんでさえ若い女性役は躊躇したと語っているから、何も間違いではないのだ。宮崎駿監督、細田守監督も広井王子氏も演技力よりキャラと声優の年齢が近い事を重視している。

つまりアイドル声優というのは多くの人達に望まれて誕生したのである。そして小山茉美さんは第一人者ではないだろうか。

 

その多くの人達に私は含まれてないが(笑)曽我町子さんが第一人者という方もいるかもしれない。そうかもしれない。

 

|

« 他人の創作物語に感動するのは不毛なのか?? | トップページ | 5人の初代モモ »

ミンキーモモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人の創作物語に感動するのは不毛なのか?? | トップページ | 5人の初代モモ »