« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月21日 (月)

林原めぐみさんについて語る……?

書いたんだけど、読み返して下書きのまま保存する事にした。

やっぱり無理。

信者連中も怖いし。本人も怖い。

好きなら自信持って書けるけど、違うからなぁ……。海モモが苦手なのも半分は林原さんが苦手だからって事ですわ。いや嫌いじゃないのよ本当よ。

昨日のブギーナイトで「Twitterで仲間を攻撃してる人達を見てショック受けた。嫌いなものを嫌いって書いて何が悪いのって思ってる人の子供も同じように攻撃する人間になるんだろうなぁ~自分を正義だと思ってるから」と語っていて。そういえば先日自分も「Twitterは悪意と無知の塊」って記事を投稿したばっかで矢張り考え方は近いのかしらんと。Twitterやってないのは本当に偉いと思う。

本人も自分が怖いっていう自覚あって草。でも横山智佐さんもネットで言われてるほど怖くなかったから、きっと林原さんもフツーの人に違いないですぞ。

50超えてから凄い美人になったよね~声も可愛くなったし。早すぎたんじゃ(何が)。

|

2021年6月20日 (日)

モモちゃんのパンチラ♥丸見え~

などと。

書きましたが、潔癖(嘘)なのでパンチラのイラストはいいね!しないし、リツイートもしません!!一般アニメにおけるパンチラ表現については否定的でパンチラシーンがあるとイライラします。子供らしさを表現してるわけない。リビドーですよリビドーって。子供から大人までスカート穿いてたら大体がパンチラさせてる。「ゴーショーグン」ではスカート穿いてる女性はほとんどいなかったので当然パンチラはなかった。それが「ミンキーモモ」になった途端パンチラだらけですわ。

アニメーターは物語なんか知らないで描いてるから欲情しながら原画や動画を描いてるんだろう(怒られるぞ)。っても、「夢のフェナリナーサ」でも感動シーンにパンチラ滅茶苦茶つっこんでてアホじゃなかろうかと思う。

何で抑制できないんかね。あれって矢張りキャラをレイプしたいっていう願望か。誰か説明してくれよ!!

そういう目的のアニメなら大歓迎なんだけど、サービス不要のアニメで無意味にパンチラされるとイラッとする。ここ20年ぐらいでようやくパンチラも規制されてきた。要するに時と場合を考エロって事なのよ。

ちなみに少女漫画でも意外にパンチラは多かったりするから、女性側でも気にしない人は気にしないのかもしれないし、サービスと割り切ってる人もいるのだろう。だから一概に男のリビドーと言えないのかなぁ。キャラに対するセクハラ行為か??

参考資料という言い訳で西島克彦さんのパンチラアニメ「AIKa」買ったよ。時と場合さえ考えてくれれば豪快に見せてくれていいんだって。むしろ見せてよ。ただなぁ……「ミンキーモモ」等この時代のアニメーター達がやたら無意味にパンチラさせまくって作品の価値を下げてしまったのは非常に残念だ。

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

ネットは悪意と無知の塊

何が「邪悪なミンキーモモ」だ。作品やキャラをおとしめる遊びしか出来ない歪んだ今の人達(閻魔あい風)。見た事も覚えてないぐらい曖昧な記憶で間違えた投稿を繰り返し広める。これがインターネット。使い方によって悪夢にもなる存在よ。

もうネットじゃ「ミンキーモモ」という言葉そのものがハマーン様への悪口になってしまった。どちらにとっても迷惑。しかし(精神上)子供って狂ったみたいに何度も何度も繰り返して馬鹿笑いするからね。これが学校で付けられたあだ名だったらハマーン様は絶対に不登校になってる……。イジメてる方はイジメてる意識ないからね。薄笑いを浮かべているだろうよ。ネットは広大なイジメの巣窟。今ちょうど「Ζガンダム」再放送してるから酷い事になってる。TwitterのNGワード機能って無能すぎるよなぁ……ノイローゼになりそう。

「クリィミーマミ」だよ。「クリーミーマミ」とか書いてファンを気取る輩の多い事。

どうなってるの?この世界は。まぁ大半はTwitterのせいだろう。ブログ時代まではログインしてまで文章を書いていたけれども、Twitterは常時ログインしていて軽口をたたくだけ。Twitterはじめて気が付いたけど、これが諸悪の温床らしい。悪い事・間違いがすぐ伝播する。面白がって人を傷つけ、場合によっては死へ追い込む。

もちろんTwitterに問題があるわけじゃない。使う人間の本質が悪いというだけの話。別に今になって悪くなったわけではなく、昔からの事。ただインターネットの普及によって目立つようになっただけ。何も変わってない。法律がある分だけ今の方が規制があってマシ。それでも抑制されているだけで本質は変わっていない。

「夢と希望」もある。Twitterをいい事に使ってる人達だって大勢いる。それとこれとは別問題だ。確かに世の中はむしゃくしゃする事だらけ。気に入らない事だらけ。愚痴ったり、からかって人を傷つけてマウント取りたいっていう気持ちもわからんでもない。馬鹿みたいな事でバズったら楽しいな、いいね!のために何でもやる。

愛がなくなった。アニメやゲーム見て大騒ぎするけれども、そこに愛はあるんか?というアイフルのCМでした。

Twitterとかにイラスト投稿するのもしんどい(笑)見てる人達も「見ました」みたいにハンコ押すだけの雰囲気よね。まぁ下手な自分が悪いんだ。そろそろ歌いながらフィナリナーサに帰りたい。

書く事でストレス発散……☆っても書く事で自分もマウント取ろうとしてるのかもしれんダバよぉ。やだやだ。

|

2021年6月17日 (木)

ジョニーとモモの恋は終わってない!?

かつて恋人関係にあったアニメーターのジョニーとモモ。モモは素性も住所も明かさず愛し合った。しかしジョニーの夢が、夢の国の夢とは違う事を悟ってモモは別れる。

その後、モモは人間に生まれ変わる。さて、どうなるのか。18年間も待ち続けるっていうのは普通はあり得ないが、たまたま2人ともフリーの時に再会したとしたら……?今度こそモモにはジョニーを拒絶する理由は1つもないのだ。20歳ぐらいの年齢差は微妙ではあるが、そもそも当時でさえ本当のモモの年齢は12歳だったのだ。余り問題にはならないだろう。

記憶が戻っているモモがジョニーを探すという事は大いにあり得る。

あの時、決着がついていた恋に続きがあったとしたら面白い展開になりそう……?というロマンチックな妄想♥

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

5人の初代モモ

初代モモ(空モモ?)は制作の都合上、分裂してしまった。

1人目……テレビ版で死ぬまでのモモ。

2人目……テレビ版で死んだあとレーザーディスクに映っていた実体のないモモ。念写できるってお前は「リング」の貞子さんか。

3人目……「夢の中の輪舞」で下品な「~きゃない」(しかない)という1982年にはなかった言葉を使うモモ。

4人目……「それからのモモ」に出てきた人間モモ。男子とケンカ59回という超暴力娘。夢の国の記憶あり。

5人目……「ミンキーモモ91」に出てきた人間モモ。夢の国の記憶は??相変わらず車に不注意。貧乏なのか危険な煙突掃除させられてる。

 

まぁゲームのモモは流石に首藤さん関係してないから含めない。ヤングCD-ROMのモモは1人目か3人目に該当しそうだから。

1人目と2人目は異論ないだろう。3人目は……当時流行っていた「~きゃない」(しかない)って言葉をモモが使わないように祈りながら映画館へ行ったが、無残にも「行くっきゃない!!」と大声で叫んだのだった。あと小山茉美さんの声は潰し過ぎ。演技も違う。渡辺氏がデザインし直してるし、完全に別人である。

4人目と5人目は微妙。小説版の4人目は完全に前世を思い出してる。「モモ91」の5人目は前世についての言及もないが、貧乏人の危険な仕事煙突掃除している時点で別人として認定すべきと判断した。「屋根の上のバイオリン弾き」に影響されてだろうが……ね。

前にも書いたとおり、首藤さんはエンタメとしての面白さを重視していたので細かい設定を無視して、その時ごとに新しい(初代)モモを作っていった。その結果としてミンキーモモの世界はパラレルワールド化したのである。

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

小山茉美がアイドル声優を作った!?

ご存知、我らが小山茉美さんは空モモの声優さんだ。NHK「ママのお引越し」などで普通に俳優もやっている。そんな彼女がアニメージュの声優人気投票1位だったというのは輝かしい歴史の1ページなのだが、同時に美人アイドル声優という存在が誕生した瞬間でもあった。当時を知ってる人達はよくテレビで彼女を見かけたはずだ。数年前の二枚組CD発売イベントでも語っていたが、ヌードグラビアの依頼もあったそうだ。流石に困ってビスチェを着て誤魔化したとの事だったが……。

Screenshot-20210611-at-175537-1983

もともと舞台女優で顔出しできる容姿だったのである。

首藤剛志氏は語る。「……そのぶん、声優の質が落ちても通用する時代になってきている。声優として演技力や技術力のない若手がどんどん出てくる。理由は簡単で、ギャラが安いからである。もしくは、声優ファンを狙って、声ではなく外見で選ぶ事もある。誰が言ったか知らないが、グラビア声優の横行という事になる。」(シナリオえーだば創作術71回)

この演技力のないグラビア声優、前にも書いたけど作り出したのは他ならぬ「ミンキーモモ」……。他にも要因はあっただろうが、アニメアイドル人気があった「ミンキーモモ」の成功を見て作られた「クリィミーマミ」からは、ついに本物のアイドルを声優(棒)に起用しはじめた。以降、原田知世やキューティー鈴木などが声優として起用されていく。ギャラだけの問題ではない。

だいたい一般人には演技力なんて分からないのだ。容姿だけが重要。そして小山茉美さんは美人で、アイドル声優の先駆者となったのである(これは本人も認めている)。当時からジュリーなど既婚者もアイドルとして人気を保持していて、小山茉美さんが既婚者だった事は問題にならなかった。業界では「声優も容姿やで」との思惑を強めていく。

そもそも日本の映画・ドラマでは演技力は必要ない。それはアニメでも同じ。となると大事なのは容姿なのである。今のアニメファンは声優に容姿と若さだけしか求めていない。林原めぐみさんでさえ若い女性役は躊躇したと語っているから、何も間違いではないのだ。宮崎駿監督、細田守監督も広井王子氏も演技力よりキャラと声優の年齢が近い事を重視している。

つまりアイドル声優というのは多くの人達に望まれて誕生したのである。そして小山茉美さんは第一人者ではないだろうか。

 

その多くの人達に私は含まれてないが(笑)曽我町子さんが第一人者という方もいるかもしれない。そうかもしれない。

 

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

他人の創作物語に感動するのは不毛なのか??

そもそも首藤氏はアニメやら映画やら小説やらゲームやら……まぁ何でもいいんだが、そういう他人の考えたストーリーで感動するという事自体に懐疑的だったのではないか。どんなに感動しても現実の話でもない「まやかし=魔法」を賛美する事に違和感を覚えていたのかもしれない。それで何かとミンキーモモ等を絶賛するファンに対して感謝するどころか、「現実を見たら?」と冷たく突き放していたとすると納得できる。

せっかく書いた脚本も実は、監督や演出家が勝手に削ったり加えたり変更したりしているのだ。そんな中途半端なものに感動したと言われたところで、本人も複雑な気持ちになるだろう。

素晴らしい物語に感動するのは決して悪くはないが、それは飽くまで誰かの空想だと認識する必要がありそうだ。決して現実ではない。ドキュメンタリーだろうが、実話をベースにしていようが、作り手の意図が混じりこむ。

本当の感動というのは「自分の体験」以外に有り得ないと……首藤氏が本当に言いたいのはそういう意味合いだったのではないかと思う。だからエンタメに徹して「面白ければいい」と考えて物語を紡いでいたような気がする。

更にいうなら空想の少女少年に執着するより自分だけの恋人を見つけた方が本当の幸せが見つかるよ、そう伝えたかったに違いない。ただ、それでピーターパンシンドロームやシンデレラコンプレックスを持ちだしたのは失敗だったね……。

| | コメント (0)

ミンキーモモは打ち切りじゃない!? #ミンキーモモ

ネット(ツイッター)見ると「ミンキーモモは打ち切り」という誤認識が多い。確かに打ち切り宣告されてスタッフが暴走したのは間違いないのだが、流れとしては以下のとおり。

スポンサーが打ち切り宣告→怒ったスタッフ暴走してモモ殺害計画→カジラ売りたいから打ち切り中止・むしろ延長→変更不可・モモ殺害計画中止できず→殺害実行放送

さて、結局のところ打ち切りなのか違うのか。確かに放送自体は延長してるのだから打ち切りではないのだが……「打ち切り宣告」されたのは事実。それを受けて最終回「夢のフェナリナーサ」は作られた。打ち切り宣告が大きな影響を与えたのも事実だが、これは第一部の最終回で翌週も続いて放送されているのだ。空モモには最終回が2つある。

「打ち切り宣告で最終回を作ったけど打ち切られなかった」のが実情。最終回を作ってしまったのだから打ち切りというのも理解できる。ただ、これは情報を更新していない誤認識だ。死刑宣告されていた死刑囚が執行直前に「冤罪だったわww」と中止されたら、死刑されなかった事になるでしょ。

だから「ミンキーモモは打ち切り」は大きな間違い

しかし「夢のフェナリナーサ」が打ち切り宣告に基づいて作られた傑作のために「ミンキーモモは打ち切りだった」という誤情報が蔓延してしまった。それもこれも「ミンキーモモ」が大人気・傑作ゆえの現象じゃないかな。

とにかく「ミンキーモモ」に限らず映像作品みたいな金のかかるコンテンツは制作状況が慌ただしく変化し続けるので、事実が伝わりにくい。そして人間は一度でも頭に入ってしまった情報を更新する事が簡単に出来ない生き物なのである。私もボケてきたら「ミンキーモモは打ち切りじゃった」とか言うかもしれないので、ここに書いて備忘録とする。

 

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

空モモは親に殺されたも同然なのか

どうやってモモを殺すか――それは難しい課題だったはずだ。スタッフは誰も傷つけずに殺したいと思っていたはずだ。

その目論見は成功したか?

否。失敗。

空モモは親から遠くへお使いに行かされて、そこで魔法のペンダントを壊される。もちろんグルメポッポで行こうとして途中で落下したという失敗もあるが、基本的には親の配慮が足りなかった事が原因である。これを運が悪かっただけで済ましていいのだろうか。

何でモモは久しぶりに学校へ行く気になったのか。それは魔法のペンダントを壊されたからである。何の関係もなさそうに見えるが、ペンダントを壊されたことによって「変身できない普通の女の子」になったモモとしては「普通の女の子」として学校に行くのが当然だったのだ。そして一人で学校に行った事によってお供の3匹が注意する事もできず、車道の真ん中でボーっと突っ立っていてトラックにはねられた。

つまり間接的に空モモは両親に殺されたのだ。そもそもペットショップと獣医を兼業する事自体が大きな間違いである。アルバイトぐらい雇えっての。まぁアニメの設定にケチつけてもアホらしいのだが、結果的に「空モモを殺すのに都合のいいシチュエーション」を与えてくれた事になる。

一方で海モモの親の方がすぐ近くの浮島へ一晩キャンプするだけで大騒ぎだった。空モモの親とは対照的に何かと奔放な子供をすぐ叱る心配性ではあるが、親としては相当まともだった。

とはいえ夢の国から来た妖精に洗脳されている事も知らずに操られていたのだから、空モモの親を責めるのも違うのかもしれない。確かに実子ではなかったかもしれないが、実子にも危険な煙突掃除をさせるのだから空モモの親はかなり悪質だと断言できる。長女が交通事故死しているのに次女に対する車への注意喚起も怠っており、空モモの両親はあらゆる意味で最悪だったのである。

| | コメント (0)

学校教育 #ミンキーモモ

ミンキーモモは小学生だと思われてるが、どうなんだろう。12才で小学生というのは日本かアメリカぐらいである。

人間モモが転校したはずのイギリスの学校では5才~16才までが義務教育。5才から11才までが小学校、以降はコンプリヘンシブ(セカンダリー)・スクールだ。進学率も低いとのこと。

ちなみにドイツでは10才で小学生は終わる。その後ですぐに進路を選ばなければいけない。

どちらの国も教科書がないのが一般的。日本みたいにダラダラと教科書読むだけで何も考えずに大学まで行って遊べるなんてアホな国は世界でも少数派なのである。海外の教師はビジネスライクで有給休暇は普通に取るし、必要以上に生徒と関わらない。

人間モモがどんな夢を持ってるのか知らんけど、海モモ登場時の12才にはある程度もう決めていないとダメなはず。州によって差はあるが、アメリカでも中学に上がれば進学コースとかに分かれていく。「そのうち決めよう」が許されるのは日本ぐらい。日本人の学力の高さは圧力によるもので自発的なものとはいえないだろう。

欧米を想起させるものの「どこかの国」は架空の国なので自由に設定できたかもしれんが、人間モモが在住する事になったのは実在するイギリスで、描くのは非常に面倒なはずだ。「それからのモモ」のようにロンドンで大勢の孤児が放置されてるっていうのは違和感を覚える。原作者・首藤さんは孤児や浮浪児が好きで最後のエピソード「旅立ちの駅」でも取り入れている。見てきた映画などに影響されているのだろう。考えてみたらポケモンのサトシも浮浪児みたいなものだよな。

結論的に言うと12才で小学生は限定的。あと「変身した後の18才もまだ子供」という意見がちらほら目に入るが、これも甘やかされた日本人の感覚だろう。

余談だが、学校で男の子とケンカばっかり(59回)していた人間モモがタダで済むとは考えにくい。スラムじゃあるまいし、どの国でも暴力というのは大きな問題になるだろう。ここは親が叱るべきなのに……一方で海モモの親の方がよく子供を叱っており、子煩悩だった。

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

レオタード姿が眩しい〜♥

かもしれない。まぁレオタードというのは絵を描く時にも素晴らしく使えるキュート♥アイテムなので多用するでしょ。ミンキーモモでもレオタードはレッドキャットをはじめとして何回も着ているお馴染みの服。海モモでも何回も出てきている。

Photo_20210606144801

個人的にはダブつく服は好きじゃない。袖とか何かと膨らんでる服は引っかかってイライラするじゃない。シュッとしてるとスポーティですし、まずオシャレ服の代表格ですわ。アメリカのアーチストとかレオタードが衣装が多い。そういや宿敵クリィミーマミはステージ衣装がレオタードだったなぁ。

2_20210606212901

Photo_20210610174501

昔のイラスト見たら一枚しか描いてなかったらしい。これから増やそうよ。どうでもいいけどツイッターは未だにPCでは縦長画像に対応してなくてダメですなあ。

Momoleo

| | コメント (0)

執着=依存

これも別にミンキーモモに限った話ではないのだが、何にでも執着しすぎるというのは危険だ。「好き」という気持ちを超えて依存しはじめる。そして自分が望んだ方向に進まないと裏切られた気持ちになり場合によっては憎む事になる。アイドルファンにも多いのではないだろうか。余りに執着しすぎるのは粘着になってしまう。

回避するには、そこそこ意識的に距離をおく必要がある。「○○も好きだし」とか他の趣味に気持ちを向けるのも悪くない。

ミンキーモモにしても何にしても自分だけのモノではない。「俺の嫁」などといって個人の所有物にしたがる傾向もあるが、冗談であっても危険だろう。そもそも相手の人権を無視した行為である。

執着が依存になると、いつか寂しい気持ちを味わう事になるかもしれない。いつまでも続くコンテンツなど存在しないのだ。一つの事にこだわりを持って深く知ることは新しい世界への扉を開いてくれる。それはとても素晴らしいと思う。ただし、そのバランスを保ち続けるのは意外と難しいのではないか。

自分の中で「ミンキーモモはこうあるべきだ」「これでなくてはミンキーモモと認められない」のように完全な形が出来上がって、他を認められなくなってくると楽しめなくなっていくだろう。アニメなどは大勢の人達が集まって制作するので、そもそも本物など存在しないのだ。

所詮は他人の創作物。アイドルなら所詮は赤の他人である。いや、これが身近な人であっても執着も依存も自立を妨げる要因になるなら迷惑にならないように心がけたいものだし、自分の精神が病むような原因にしてはいけないだろう。

 

……えっ?自分の事じゃないよ本当だよ。

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

もし新作が制作されたら…

もし生きてる間に「ミンキーモモ」新作が制作されたの話だが、やはり見るかどうか悩むと思う。単発的な漫画ならともかく本格的なアニメだったら……。

「ミンキーモモ」新作に関してはミュージカル、漫画があったが、パラレルワールド的な物語で名前だけの借用だったのが救いだった。

結論から言うと「ミンキーモモ」という名前の誘惑には抗えないだろう。どんな酷い設定でも空モモ・海モモを変に弄られても見てしまう。そして、どんなゴミ作品にも必ずファンは生まれる。以前は空vs海という構図もあったが、またしても新作認める派vs認めない派に分かれるだろう。認めないと老害扱いされる。

まぁ自分も文句を言いながら見る。「髪の色と名前しか同じじゃない」とか言ってそう(笑)得するのは常に思い入れのない自称ファンだけだ。特に「ミンキーモモ」の場合は可愛いという事だけが重要視されがちなので、キャラクターデザインさえ可愛かったら許されそう。あと声は誰がやっても一緒やろ(笑)なんて浅川悠さんに怒られそうだ。

所詮、アニメやら何やらはエンタメ娯楽商品で芸術作品じゃないから、消費者の私らは与えられたモノを受け取るしかないのよ。嫌なら見なきゃいいし買わなきゃいい。強要されるわけではない。著作権を買ったディズニーが「スターウォーズ」の続編を好き勝手に作るのも自由。「これは俺の望んだミンキーモモじゃない」とか言っても空しい話だ。

そもそも二次創作でミンキーモモを好き勝手に描いてる自分が言う権利もないだろうよ。

いずれにしても夢は叶ったとしても理想の現実とは違うからね。人間モモが大人になって夢を叶えたとしても、それが思い描いていた世界とは違うっていうのが普通だろう。

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

ミンキーモモとパンドラの箱 #ミンキーモモ

交通事故やらエイズで終わる事から鬱アニメという評価の「ミンキーモモ」ではある。確かにそれも間違ってはいないんだろうけど、それだけで終わる話ではない。そのまま闇に飲まれていくなら鬱アニメという認識のまま蓋をするのもよかろう。

ただし「ミンキーモモ」はそれだけで終わらない。空モモでは交通事故死した後に人間として生まれ変わって「人間としての夢を叶える」と希望に燃える。海モモは両親のエイズを知り、それでもなお「夢を持ってる人達を応援する」と決意する。

2人とも決して絶望しているわけじゃない。むしろ夢と希望の真の意味を理解して覚醒したともいえる。

確かに二人のモモはパンドラの箱を開けてしまったのかもしれない。地上に来る事で必要のない苦しみや痛みを味わう羽目になってしまった。取り返しのつかない悲劇……だけど希望は残っている。まだ希望を持って夢見る事は許されているだろう。

だからミンキーモモはくじけないし、鬱になったまま終わったわけではないのだ。彼女たちの戦いはこれからだ!!(連載の打ち切り感)

何にせよ鬱アニメと単純に片づけられるほど簡単な内容ではないでしょ。

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

好きというレベルを分別してみる

別にミンキーモモじゃなくてもいいんだけどネタないし(笑)いってみよー!!

レベル1……名前を知っててキャラも分かる。見た事ないけど可愛いと思ってる。

レベル2……見た事があって可愛いと思うが、話も設定も殆ど覚えてない。

レベル3……海モモと空モモの区別がつく。そこそこ両モモ見ているし設定も結末も知っている。

レベル4……海モモと空モモの差も違いも理解している。ちょっとした裏話も頭に入っている。

レベル5……各エピソードの粗筋を知っていてスタッフについても詳しい。

レベル6……詳しいだけじゃなく、そこから自分なりの考察をしている。

レベル7……日常的にミンキーモモの事を考えていて、何かつけ無意味にミンキーモモと関連付けたがる。

レベル8……もうミンキーモモの全てを忘れたい。

 

多分一番多いのはレベル3、4だろう。レベル5に到達していたら既に立派なマニア。レベル6,7はもう自分の中のミンキーモモ像がはっきりしている。

最高レベル8は「こんな時モモだったら、こう考える」と頭の中のミンキーモモが語りかけてくるので逆に辛くなるパターン。既にミンキーモモの悪い所も見えているので忘れたくなっている。

 

気が向いたら書き直すかもです。前にも同じ事を書いてたら御免なさいでーす。ちゃお☆

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »