« ~女性崇拝とコンプレックスの裏側~ | トップページ | 好きというレベルを分別してみる »

2021年5月24日 (月)

レダはモモのOVAと似てる!? #幻夢戦記レダ #ミンキーモモ

アマゾンプライムで公開中の「幻夢戦記レダ」(1985)、湯山邦彦監督作品だ。当時も見たのだが、陽子のパンチラしか記憶に残ってなかった(笑)ので改めて視聴した。

作曲が趣味の女子高生・朝霧陽子(鶴ひろみ)は好きな男の子に告白するため作曲したテープを聴きながら彼とすれ違った。告白できずにいると異世界アシャンティへ引きずり込まれる。彼女の作った曲が2つの世界を繋ぐ「レダのハート」だったのだ。陽子はレダの戦士となって自分の世界侵略を目論むゼル(池田秀一)と対決する。

Screenshot_20210524-prime-video

「ミンキーモモ」OVA「夢の中の輪舞」そっくりで驚いた。監督が同じだけでなく、制作時期が殆ど同じだという事や作画スタッフが似た傾向という事もあって雰囲気が驚くほど似ていた。脚本担当は首藤剛志氏の弟子である武上純希氏(山崎昌三=谷本敬次)と湯山監督なのでセリフも「モモ」と重なる。演出も「輪舞」を彷彿させる手法が多い。

これほどまでに似てるとは思いもしなかった。導入部分からアクションシーンやエンディングに至るまで差し替えても気が付かないのではないか。って言い過ぎですか?

企画自体はカナメプロのオリジナルなので物語自体に全く「輪舞」と関連性はないにしても、幻想的な要素は「ミンキーモモ」に共通する。そもそも美少女+変身ファンタジーなる部分が既に重複しているのではないか。

ちなみに大ヒットしてオタク世界にビキニアーマーを定着させたようだ。それで続編も企画されていたにも拘わらず頓挫。この時代のOVA企画はまだ不安定だったのかもしれない。

80年代後半~90年代は手描きアニメの絶頂期で「レダ」の作画も今では考えられないぐらいのハイクオリティ。CGに頼り切った現代アニメでは再現できないだろう。この時代が日本アニメの礎になっている事は間違いない。

いつも首藤氏中心に「ミンキーモモ」を語っているが、湯山邦彦監督もまた「ミンキーモモ」の生み親である。その独特な映像を作り出した事を実感できるのが「レダ」だと思った次第だ。

|

« ~女性崇拝とコンプレックスの裏側~ | トップページ | 好きというレベルを分別してみる »

ミンキーモモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~女性崇拝とコンプレックスの裏側~ | トップページ | 好きというレベルを分別してみる »