« 芦田豊雄についての愚痴 | トップページ | ロリコンなど存在しない »

2021年4月25日 (日)

危険すぎる続編

人気ゲーム「サクラ大戦」の制作スタッフなしに制作された続編「新サクラ大戦」のゲームとアニメ、100年後の世界を描いたスマホゲーム「サクラ革命」の評判が最悪だ。「新サクラ大戦」では勝手に「サクラ大戦」のキャラを弄りファンの怒りを買い、「サクラ革命」は中途半端にリリースしてキャラがブスと言われて半年でサービス終了。

さて、これが「ミンキーモモ」だったら。既に葦プロ(リード)はミュージカルやコミックで勝手に「ミンキーモモ」作品を出している。ただ、今のところ過去の空モモ・海モモを弄らずタイトルだけを使うに留まっている。しかし、もし過去の作品を弄り回すようなアニメを出したら……と思うと寒気がする。

昔を懐かしむだけの浅いファンは喜ぶだろうし、ネットでは新しい「ミンキーモモ」アニメ化を望む声もそれなりにあるようだ。もし湯山邦彦氏や渡辺浩氏が監督になって新作を作ったとしても原作者の首藤剛志氏がいなければシリーズとは言えない。どんなに出来が良くても二次創作だ。出来が悪くなる可能性もある。「バトルアスリーテス大運動会」も100年後の世界として続編が始まったが、作画も脚本も演出もボロボロ。見るに堪えないのだが、こんなのでも喜ぶ人達がいて驚く。

「スーパーロボット大戦X-Ω」のユニットストーリーで判明したが、もう葦プロには「ミンキーモモ」を知っている社員はいない。それでもスポンサーがつけば新作の可能性は跳ね上がる。適当なスタッフを拾ってきて1クールぐらいは作れるだろう。今はオリジナルアニメを作るのが難しい時代だから失敗の確率が非常に高い。失敗すれば、サクラ大戦シリーズのように取り返しのつかない結果になるかもしれない

一番安全なのは続編も新作を作らない事だ。

 

こういうのは定期的に書いとかないとな。

ってモモロスに耐える(笑)結局のところストーリーのないキャラ使いが落としどころなのかもしれん。つーとゲームコラボなのか。

|

« 芦田豊雄についての愚痴 | トップページ | ロリコンなど存在しない »

ミンキーモモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芦田豊雄についての愚痴 | トップページ | ロリコンなど存在しない »