« 海モモ放送開始記念日 | トップページ | スーパーロボット大戦にミンキーモモが参戦 »

2020年10月 3日 (土)

結局のところ「どぎつい結末のアニメ」

「夢と希望」を与えたのか、厳しい現実を描いたのか。

可愛い魔法少女が頑張っちゃうアニメ、番組終了から数十年。

皆の中には「唐突に主人公が交通事故で死ぬ」「両親がエイズで死ぬ」という「どぎつい結末のアニメ」という印象だけが残ってしまっている。全話を通して見れば感動もあるだろう。しかし、短くまとめてしまうと「夢と希望」の事よりも「衝撃的な結末」で名作入りしたように思える。

首藤さんや湯山さんも色々と考えた結果だろうが、まるで奇をてらったような内容になってしまった。本当なら空モモは死ぬはずじゃなかったのに打ち切りが急に決まって…それ本当か?それなら海モモの両親は何で死んだのか。

単に目立たせたかっただけじゃないの?と思われても仕方ない。実際、この「どぎつさ」は成功して今でも皆の心に深い印象を残している。首藤さんや湯山さん、本当は最初から普通の魔法少女アニメなんか作りたくなかったんじゃないの。誰も望んでない嫌な最終回を作ってファンを不幸にしただけなのかもしれない。

|

« 海モモ放送開始記念日 | トップページ | スーパーロボット大戦にミンキーモモが参戦 »

ミンキーモモ」カテゴリの記事