« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月29日 (木)

主人公の死とは

渡辺謙主演の「御家人斬九郎」が好きで再放送を見ている。これも最終回で主人公が死ぬのだ。人間いつかは死ぬとはいえ創作の世界と現実の世界は違う。創作の世界で死ぬのは作者に殺されているからだ。

物語は最終的に主人公の死へ落とし込まれていく。死を意味あるものに仕立てていくからだ。結局のところ見返す度に何度も何度も死ぬシーンを目にする事になる。

そうなるとね。

何か心から楽しめなくなるのだ。どんなに笑えるシーンでも「どうせ、この後は死ぬんだし」っていう気分になる。「夢の中の輪舞」なんかは遺影を見ていたようなものだ。「斬九郎」でも結構コミカルなシーンはあるのだが、「どうせ、この後は死ぬんだし」に落ち着く。確かに作品としては秀逸だし各回は面白いのだが、最後に見るのは主人公の死……なんとも後味が悪くなる。それは空モモも同じ。

主人公を殺すっていうのは「それまでのエピソード全てに係わる」重大な問題なのだ。安易に殺せば、全エピソードを台無しにする恐れも出てくるし、続編も作りづらくなる。「ミンキーモモ」においては主人公の死はそれほど意味があるものでもなかったから尚更もったいない結果になってしまった。

 

|

2020年10月27日 (火)

戦国魔神ゴーショーグン

久しぶりに「戦国魔神ゴーショーグン」の全話・映画・OVAを完走した。「ミンキーモモ82」の兄弟作と呼ぶぐらい関係が深い作品だ。

ウィキペディアには主人公がケン太と明記されているが、グッドサンダー3人組も出番は多かったので疑問に思う。謎のエネルギー「ビムラー」を狙う悪の秘密組織ドクーガから逃げ回るグッドサンダー移動基地。秘密兵器ゴーショーグンに乗って撃退する日々だ。このビムラーは宇宙から飛来した生命を進化させるエネルギーだったのだ。ビムラーとともに成長したケン太は宇宙の生命体と接触する地球代表として選ばれて旅立ってしまう。

最終回でドクーガの首領であるネオネロスは倒されるが、三将軍が罪に問われず楽しい人生を続けていくのは納得がいかない。更にOVA「時の異邦人」では仲間になっている。ケン太やイザベルの父を殺害しただけでなく、数限りない戦争や経済混乱を引き起こしていたのに変ではないか。グッドサンダー3人も正義感から戦っていたわけではなく、所謂傭兵だったから気にしていないのか?

ミンキーモモも普通の魔法少女アニメではなかったが、ゴーショーグンも普通のロボットアニメとは違っていたわけだ。テレビ版は「2001年宇宙の旅」そのものだった。

「時の異邦人」では空モモ同様にレミーは交通事故に遭う。そして空モモ同様に、その心の中で悪夢と戦って勝つ。

原作者・首藤剛志が本当に描きたい世界観が「時の異邦人」だったように思う。子供達の為にアニメを作っていたのは仮の姿で、自分の作り出した悪夢に苦悩し、自己の存在意義を見つめなおす……その姿を描く事こそが首藤剛志の本懐なのだ。

ゴーショーグン・シリーズの方が打ち切りなど邪魔なく描けたとすると、やはり空モモが交通事故死する結末は首藤剛志にとって不本意だったに違いない。悪夢と戦って勝つ空モモ最終回「さよならは言わないで」の方がよりゴーショーグンのエピソードに近い。空モモのロマンアルバムの座談会でも本人は空モモを殺したことに納得いってない様子だった。

ゴーショーグンのテレビ版はとにかく作画が酷い。スタッフは空モモとそんなに変わらないはずなのに通してマトモだった回はなかった。もっとも空モモも最初は酷くて葦プロの社長が怒ったから改善されたという話も聞く。

小説は未完なので読む気がしない。ミンキーモモと違ってゴーショーグンは首藤剛志のライフワークだったはずなのに、病気には勝てなかったか。ゴーショーグンの結末を描き切ってほしかったものだ。と何度か書いてる記憶もある……。

|

2020年10月21日 (水)

人気記事ナンバーワン!

ブログ記事は閲覧数が分かるのだが、当ブログで人気なのは「モモのパンツ姿」だ。

マジかい。今でもミンキーモモのパンツに興奮する紳士がいらっしゃるとは。

一度しか描いてないパンツ姿の記事に人気があるのは意外。そもそもパンチラさえ描いた事ないのにね。よく考えると、このパンツ姿はpixivにもTwitterにも投稿していないレアなイラストである。このブログにわざわざ足を運んでくれた方だけに送る特別サービスなのだ。本当か。

言及した事もなかったけど、ミンキーモモの人気の一つはパンチラだよなぁ。猫パンツなんてモノもあったし。脚本家が真面目なストーリー(笑)を考えているというのに作画スタッフはパンツの事しか考えてないって状況だったのさ。そういう意味で今は規制が厳しくなってよかったね。

先々週の林原めぐみのラジオ「東京ブギーナイト」で「ブルーシードの頃は規制が緩くて見えまくりだった」って感想を漏らしていたよ。他の声優さんも結構パンチラは気にしているみたいだね。ははっ。自分も意外に苦手。嫌いとかじゃなくて「サービスとして見せる時」をコントロールしてほしい。上條修氏も8話でパンツ見えた事を残念がっていた。作画監督って原画の修正はやっても動画は見てないのかな。

って事でパンツ姿が人気でした。よかったね、モモちゃん♪

| | コメント (0)

スパクロのイベント終了

スマホゲーム「スーパーロボット大戦X-Ω」でのミンキーモモのイベントは一週間のみ。終了後はガシャ(ガチャ)で出なくなり二度と手に入らない。更にイベントのミッションも二度と遊べない。

とはいえゲームが続く限り一度ユニットとして入手したミンキナーサはずっと使えるようになるし、いつでも単独のエピソードも見られる。チームの一員に加えればミンキナーサ・ミンキーモモは活躍し続ける。そういう意味では長く遊べるかもしれない。

今回つくづく思い知らされたが、自分にとってミンキーモモはドラッグみたいなもので際限なく求め続ける存在。だから、こんな二次創作でもストーリー付きでキャラが話すとテンションが上がってしまう。プレイできる環境があるのにスルーする事など出来ないのだ。

なんやかんや言ってもリボンの向きも間違っていたり、ポシェットも描かないネットの落書きイラストよりは遥かにマトモに似ているミンキーモモだった。もちろんハマーンとの邂逅などは不愉快以外の何物でもないが、このエピソードはイベント終了後は完全に消えるから忘れよう。

イベントが終わり、またミンキーモモは過去に戻ってしまった。当たり前だが、もうミンキーモモが現役になる事はないのだ。変な続編や新作が制作されるよりはマシなのだが、たまには新規イラストも見たいものだ。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

スーパーロボット大戦にミンキーモモが参戦

Ejp1v8gwoaa9v59 バンナムとセガかよ。うっ…頭痛がする組み合わせ…ハドソンとサミー…。

前からゲームとコラボしろよって書いていて妄想もしていたんだけど、スパロバか。結局ミンキナーサを面白半分に出した事がミンキーモモというアニメを戦いに引きずり込んだ。まぁミンキーモモは戦闘系魔法少女の先祖でもあるから、遅かれ早かれって感じなのかもしれない。首藤さん、これで満足ですか?

内容には期待してない。既にネットではハマーンを揶揄する玩具としての役割に落ちているミンキーモモ。それを公式で見なければいけないようだ。このシーンだけでウンザリしている。

Ejtxkn6uyaa0yp6

版権持ってるからバンナムとしては気軽にミンキーモモをゲストに迎えたんだろうね。確かに他の会社じゃ手続きが面倒かもしれん。昨日はトレンドに「ミンキーモモ」が入ったが、どのツイートもハマーン揶揄、ミンキーモモの名前と交通事故死だけを知ってる程度のものばかり。首藤さん、これで満足ですか?

当然ミンキナーサなので空モモ。またしても海モモは置いてけぼりだ。そしてネットでは二人のモモを判別ができないのが常態化している。首藤さん、これで満足ですか?

|

2020年10月 3日 (土)

結局のところ「どぎつい結末のアニメ」

「夢と希望」を与えたのか、厳しい現実を描いたのか。

可愛い魔法少女が頑張っちゃうアニメ、番組終了から数十年。

皆の中には「唐突に主人公が交通事故で死ぬ」「両親がエイズで死ぬ」という「どぎつい結末のアニメ」という印象だけが残ってしまっている。全話を通して見れば感動もあるだろう。しかし、短くまとめてしまうと「夢と希望」の事よりも「衝撃的な結末」で名作入りしたように思える。

首藤さんや湯山さんも色々と考えた結果だろうが、まるで奇をてらったような内容になってしまった。本当なら空モモは死ぬはずじゃなかったのに打ち切りが急に決まって…それ本当か?それなら海モモの両親は何で死んだのか。

単に目立たせたかっただけじゃないの?と思われても仕方ない。実際、この「どぎつさ」は成功して今でも皆の心に深い印象を残している。首藤さんや湯山さん、本当は最初から普通の魔法少女アニメなんか作りたくなかったんじゃないの。誰も望んでない嫌な最終回を作ってファンを不幸にしただけなのかもしれない。

|

2020年10月 2日 (金)

海モモ放送開始記念日

29周年ですな。30周年の時は公式にも「おめでとう」の一言ぐらい欲しいものだわね。

そんなわけで29周年。ささやかなイラスト描きましてん。

Photo_20201002101701

海モモっぽい元気さを出せたら嬉しいなぁ。ついでに髪型をちょっと変えてみました。髪型と服装を変えるとアニメキャラなんて誰だか分からなくなりますな。それで慌ててハートマークの髪飾りを追加しました。

いやもぉ、サッカーチームにこんな可愛い子がヘソチラさせながらプレイしてたら男の子達や先生達(笑)は目が釘付けになりますかな。それもよいでしょう。美少女は何をしても皆の心を掴んでしまうのです!

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »