« ミンキーモモの人気とは(追記だらけっ) | トップページ | 海モモ放送開始記念日 »

2020年9月28日 (月)

キャラクターデザインの価値とは

「とある科学の電磁砲T」の放送が終わった。最初のシリーズからは約十年ほどの年月が経過しているが、それほどキャラに違和感はない。

空モモと海モモも約十年ほどの時間経過があるが、その違和感は大きい。

問題は制作側にある。「とある」では主人公は同じだからという事もあるし人気キャラなので顔も声もなるべく変わらないように配慮している。一方で海モモはどうだろう。続編で前のモモと同じ顔のハズなのに変わってしまった。こういう事は「宇宙戦艦ヤマト」シリーズでもある。キャラクターデザインし直す必要がないのに作り直すからだ。

芦田豊雄氏は海モモの時に「昔の絵は描けない」などと当たり前の事を語っていた。どうせ作画スタッフは別なのだから昔のキャラクターデザインを使用すればいいだけの話だ。こんな当たり前の事が出来ないのである。実写と違ってアニメは俳優の交代や老化で絵が変わる事はないはずなのにアニメの利点を生かせてないのだ。

「魔神英雄伝ワタル」「スレイヤーズ」は続編まで非常に年月が経過したものの絵はさほど変わらない。いや、変えないように努力されたのだ。制作側の気持ち一つで可能な事。それをやらないアニメが多すぎる。その時代にあったキャラクターデザインに変えてしまう悪手は違和感の元になるだろう。

それはアニメ商品が単なる消耗品だからかもしれない。できる事を「やらない」。

最近の「サクラ大戦」ではないが、タイトルが同じだからというだけで中身が違うものを応援するというのは何か空しいものがある。結局のところアニメでもゲームでも営利企業の商品という以上の価値はないのかもしれない。

|

« ミンキーモモの人気とは(追記だらけっ) | トップページ | 海モモ放送開始記念日 »

ミンキーモモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミンキーモモの人気とは(追記だらけっ) | トップページ | 海モモ放送開始記念日 »