« 夢の国と地上の国は相容れない #ミンキーモモ | トップページ | 人それぞれのモモ »

2020年8月20日 (木)

海モモの性格

別冊オトナアニメ魔法少女マガジンで湯山監督は「声優さんの違いもあって海モモはドライ」と言及。「現代っ子でカラッとしている」「使命なんか知ったこっちゃない、と突き放している」と語った。

自分としては頻繁に使われた「なるようになるダバ、ないダバさ」に表れていた気がする。

実際のところ、しつこい割には諦めが早い。ズデニックの回でも魔法の力で失敗したから諦める。最終回でも任務に失敗してパパとママの記憶を消して故郷に帰ろうとした。でも、秘密を知ったので帰らない。知らなかったら普通に帰ってたわけだよね。昔はここの部分を感情に流されていると勘違いしていた。その前にパパとママの記憶を消していたっていうのを見落としていたんだ。この決めた事をすぐひっくり返すのがドライって事。

レジェンドイン消滅の後、自分が非常に重い使命を負わされたにも拘わらず、相変わらずマイペースに過ごしていた。背負わされているモノが大きすぎて、思考停止していたようにも見える。悩むシーンは少なかったでしょ。基本的に悩まず、すぐ行動!そういう割り切りって大切だよね。下手な考え休むに似たり。

少し前にも書いたけど海モモは頭が悪すぎるんだ(笑)鏡の精に「夢のエネルギー無駄遣いするな」って注意されたのに「今が使う時!」とか間違ってたし。やっぱり勉強しないと頭はよくならないんだね。まずは学校へ通え(笑)

ドライ、しつこい、頭悪い。

けれども、くよくよ悩まず明るくて前向き。可愛くて元気がいいのがチャームポイント!これが我らの海モモなのだ。

|

« 夢の国と地上の国は相容れない #ミンキーモモ | トップページ | 人それぞれのモモ »

ミンキーモモ」カテゴリの記事