« 間違いだらけのグルメポッポマーク | トップページ | 原作と原案・作品は誰の物か »

2020年7月30日 (木)

挿入したかった海モモの……

エピソードVap三本。

海モモがテレビで最終回を迎えた後に制作されたVap三本「sosマリンナーサ」「モモ学校へ行く」「星に願いを」なんだけど、これらはロマンアルバムによると再放送の時に各々途中で挿入される事になっていた。てっきり挿入されて制作者の意図どおりに放送されているものだと思っていた。

実はちゃんと入れ替えて放送された事が確認されていないそうだ。

ちょっと現在ネット配信されているサイトを確認してみたら、確かにVap三本はそのまま最後に入っていた。既に公式サイトは消えているが、過去のホームページが保存されているサイトで確認すると、Vap三本はそのまま63~65話として紹介されていた。残念ながら制作者の意図とは裏腹に、制作プロダクションでさえ結局のところテレビの最終回62話後に放送・配信されるものと位置づけているのだ。

つまり。

そういう事だ(笑)

先日たまたまTwitterで「星に願いを」について湯山監督がLDボックスでコメントしたとおり「実質的な最終回」と表現したが、「実質的な」じゃなくて「本当の最終回」になってしまったようだ。時系列がおかしいでしょ。おかしいよ。おかしいんだけど仕方ないでしょ、最後に放送されるものを最終回と呼ぶんだから。「夢の中の輪舞」だって生きてる頃のモモだったけど、それが最後の空モモだし。

「別冊オトナアニメ」に掲載された湯山監督のインタビューによると「星に願いを」は「10年後にまた次の『モモ』があるかもしれないという気持ちを込めた」そうだ。湯山監督にとっても「星に願い」は「ミンキーモモ」を総括し、次の「モモ」へのバトンタッチを意味する最終エピソードだったのではないか。

結局あのVap三本ってOVA「夢の中の輪舞」と同じ扱いになったわけだよね。海モモは今後も最後にOVAが流れる形になるだろう。「いつか、あなたと」は首藤さんの最終回、「星に願いを」は湯山監督の最終回という感じになった。それでいいじゃないですか。

いいのか。知らんけど。終わった後に番外編として何かしら追加される事は確かにあるけど、配信とかにも何の説明もないし初見の人達が混乱するよな。せめて公式ホームページには記載するべき内容だったし、公式ホームページは残すべきだった。「夢の中の輪舞」の呪いだよ。

 

|

« 間違いだらけのグルメポッポマーク | トップページ | 原作と原案・作品は誰の物か »

ミンキーモモ」カテゴリの記事