« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

太もも見えてなかった!? #ミンキーモモ

「愛は時のゆりかご」でモモが若い頃のママそっくりに変身した後、くるりと一回転するんだが、この時に太ももが見えていたような気がしていた。DVDを見返すと見えてない!!あれ……記憶違い?LDでも確認したけど見えてない。

20200629-235949 Img_5615

どうもラポートから出ていたムックに太ももの見えているカットがあったので、見えていると思い込んでいたらしい。怖い。追記・放送当時のVHSテープも確認したけど矢張り太もも映ってなかった(笑)約40年前のテープ、まだ健在とは……。

そういえば他にも勝手に自分の中でシーンを追加している事があるようだ。記憶が改変されているぅ〜!!書き換えられているぅ〜!!まさか歴史が変わってしまったのか!?

って、「愛は時のゆりかご」かい!!

ただ「コレクターユイ」のDVDみたいに画面比率を変えられてしまう事があるからな……。

 

しつこいようだけど「夢の中の輪舞」もカットの仕方がデジタル化の時に雑になって少しだけ短くなっている。ビデオテープ版とは違うものなのだ。ちなみに色んなレコードも忠実にCD化されているわけではない。なんとなく、モヤモヤするわ。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

君はZ MANを知っているか? #ZMAN #ミンキーモモ

こういう自分の研ぎ澄まされた嗅覚が時々怖くなる。

月刊少年ガンガンで1991年から連載が始まった西川秀明先生の「Z MAN」という漫画が大好きだった。さっきまで知らなかったが、西川秀明先生はスタジオライブのアニメーターだったのか!?……らしいよ。

絵柄はスタジオライブっぽくない。とにかく絵は異様に上手かったからデビューしたての漫画家の絵ではないと思ってはいた。

ただ、言われてみると。

ヒロイン達がどこかミンキーモモっぽいかも。

参ったな……これ30年前だぜ。重度の糖尿病らしいので、ご自愛ください。

| | コメント (0)

変身三部作 #ミンキーモモ #m.o.e.

一応メモとして残しておきたい。m.o.e.による2004年のアニメ三部作。

『超変身コス∞プレイヤー』『ヒットをねらえ!』『LOVE♥LOVE?』三つの作品が絡み合ったお色気美少女アニメ。

特筆すべきはプロデューサーが芦田豊雄(実際には携わっていないらしい)、企画はスタジオライブ、キャラクターデザイン・原案は大島美和、こんな感じで関わっているところ。

少しだけ見た事があるが、この枠が残っていたら将来的にミンキーモモが制作されそうなイメージがあった。変身だし。

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

今更だけどミンキーモモのLINE PLAYサービス終わってた #ミンキーモモ

前に紹介したミンキーモモのLINE PLAYのサービス(公式アバター・ルーム・ガチャ)終わってました。まぁLINEやってないので関係ありませんが、五年前の事ですね。何か男の子に変身したミンキーモモがあった気がします。LINE PLAYにて公式アバターは引き続き使えるそうですよ。

ついでに前の記事を探してみたら2013年11月だった。2015年1月28日にサービス終了って一年間ぐらいしか続かなかったのか。まぁそんなものか。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

夢の中の輪舞発売日 #ミンキーモモ #志賀真理子

今日6月21日は「夢の中の輪舞」(シングル)の発売日……って、ウィキペディアには4月21日になってる。どっちが正しいのか??歌うのは志賀真理子ちゃん。モモの歌を担当する前から知ってたアイドルだったから起用された時は驚いた。いつも写真写りが微妙だが、動くと可愛いんだ。あんなに早く亡くなるなんて悲しい。
Img_5600 Img_5599

アニメージュの批評にもあったけど、まるきり歌謡曲でアニメ本編に全く合ってない。よくあるレコード会社からのごり押しだろう。こういうところも含めて「夢の中の輪舞」は残念なんだよね。この頃からアニメとアイドル、住み分けができなくなった。この曲はビクターなので正式なデビュー曲ではないとされている。本当のデビューはワーナーパイオニアから出たパステルユーミの曲らしい。

今でもそこそこ人気があって10年ぐらい前にも再発・新装盤が出ているそうだ。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

今日も小山茉美の声が嬉しいが #石木ダム #ミンキーモモ #報道特集

TBS番組の報道特集は我らが小山茉美がナレーションで参加する番組なのでよく見る番組。今回は長崎県の石木ダム建設に反対する住民運動を特集していて、色々と考えさせられた。

小山茉美がナレーションだったからなのか、ミンキーモモ向けなテーマのように思えた。美しい自然を楽しむために村を訪れたモモはダム建設によって村が水没させられる危機を知り、天才学者に変身してダム不要説を訴える。一旦は説得できたもののダム利権を目論む知事は強制的に工事を進めようと……モモは体を張って止めようとするが…。

ミンキーモモでは難しい社会問題も時々扱っていた。だからこそミンキーモモは面白かったし、意味もあったと思う。

ただし現実はアニメのようにいかない。強制収用が決まったという石木ダム問題の特集に後味の悪さを感じた。生活を安定させるために自然を破壊し続けるなんて寂しすぎる。

| | コメント (0)

ミンキートーク3公開

恐怖動画ミンキートーク3、ツイッターに公開!!

最初にテスト動画作った時は全くシリーズにするつもりもなかったらしい自分。おかげで素材が保存されてなくて苦労している。

名前も出てこないけど超能力者のシベール登場。ほんっとスズメバチって怖いけど、ぱっと見は妖精だよな。あの服装からして分かるでしょうが、ダイヤモンド編の世界観で作ってます☆

つか、いつまで作るんだコレ。バグ付きiMovie11で作ると全テキスト一度は消えるから面倒なんだけど。そもそも動画って苦労が多い割に価値は四コマ漫画以下だわな。アップルが超高機能な動画作成ソフトを無料で提供してなかったら絶対に作ってなかった。スズメバチとハチの音は素材フリーのところからお借りしました。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

声優繋がり #チェーリーズエンジェル #ミンキーモモ

たまたまテレビで放送していたので「チャーリーズエンジェル・フルスロットル」を見た。テレビシリーズは小山茉美がクリス・マンロー役で出ていたので懐かしさもある。

今回の放送はテレビ朝日版ということでナタリー(キャメロン・ディアス)を海モモのママ役だった渡辺美佐、ボスレーを海モモのパパ役だった江原正士、そしてチャーリーは空・海モモでナレーターだった中村正が参加しているのだ。ちなみに中村正はテレビシリーズでもチャーリーを演じていた。

このフルスロットルではテレビシリーズのケリーも出演していて昔のファンも大喜びだろう。ずっとコスプレし続けているエンジェル達がモモの変身を彷彿させた。

小山茉美はクリス・マンロー役のシェリル・ラッドと会った時に「日本でこんなにチャーリーズエンジェルが人気なのは茉美のおかげ」と言われて感激したそうな(小山茉美のオールナイトニッポンより)。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

今度は海モモで瞬き

という事で瞬きさせるアプリ、モーションポートレートにハマったので海モモも瞬きさせようと思ったのだが、適当なイラストがなかったので、以前のイラストをわざわざ修正。ところが、せっかく高解像度で作ったというのにアプリのバグらしく大きなイラストでは上手く瞬きしてくれない。二回ぐらいサイズとか直して挑戦したが、同じ不具合が起こるので諦めて小さいままツイッターへ投稿した。トホホ。

Mm_20200614004101

あの程度ならGIFアニメでも作れるんだが。余り手間は変わらないんじゃないだろーか。

 

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

Motion Portraitアプリでモモの顔を動かす

Motion Portraitという正面顔の写真やイラストを3Dアニメ化して瞬きや表情を追加させるアプリがあったので、モモで試してみた。

ブログに動画は無理なのでツイッターにあげた。なかなか悪くない出来である。

っても最初はまつ毛、口、首とかが変に動いてしまうので、元イラストを修正して首周りもハイネックを削除した(夏っぽくて好き)。ついでにプニプニ感を出すために光沢も追加。アプリ側でも調整できるので、綺麗に瞬きするように繰り返し試した。……かなり良くなったね。

15秒ごとに「並」「笑」「泣」「怒」と変化。「怒」はちょっと微妙かも。BGMは岡崎律子の「I'm Always Close To You」アレンジ曲。

Img_5546

こんな風にデコる事もできる。これはこれで可愛いのでは!?

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

海モモと空モモの共演 #シャム猫 #ミンキーモモ #モンキーパンチ

モンキーパンチ原作2001年の劇場用アニメーション「シャム猫」。主役の二人を小山茉美・林原めぐみが演じている。国際テロリストを相手に二人の美女が大活躍するアクションアニメ映画だ。脚本には「ゲゲゲの鬼太郎」第6期でも素晴らしいシリーズ構成・脚本を担当した大野木寛。監督は「ドラゴンボール」でもヒットを飛ばした細田雅弘。キャラクターデザインは荒木伸吾・姫野美智。池田秀一も出演している。今や人気声優の福山潤もちょろっと出ているのだ。そして音楽は我らがショーグンの芳野藤丸。私もサインもらってます。ゴーショーグンじゃないよ(笑)

56

ここまで凄いスタッフが揃っていながら作画がボロボロなのは残念だ。どこをとってもセクシーとは言い難い絵面。ミンキーモモの方がセクシーだろう。「ファーストミッション」とサブタイトルにあるので、そこそこヒットしたら二作目もあったのかもしれない。

注目すべきは初代・二代目ミンキーモモを演じた二人が共演していることだ。このアニメについては情報も乏しく不明な事が多いので、意図された事なのかどうかは分からない。例え偶然だったとしても、この組み合わせはミンキーモモファンにとって楽しめるのではないだろうか。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

そろそろ団扇の出番!! #ミンキーモモ

暑くて熱中症寸前。これからの季節は団扇の出番ですよ。で、これなんですが…。

Momofans

お台場コラボ喫茶で買ったんだっけ?パーティとか書いてるからそうなのかも。あれ、調べたら何のレポートもしてなかったの?もしかして空モモ30周年関係に失望して書かなかったのかもしれない。色々と撮影してたんだけどなぁ。まぁ団扇で少し頭冷やそうか。

そういや海モモは来年30周年じゃん。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

ミンキーモモへの予算割り当て

ツイッターで昨日クリィミーマミのTシャツ着てる女性を見かけたと呟いた。で、つくづく思うのだが、向こうは新規漫画も連載してるしYouTubeに新規動画も投稿している。対してミンキーモモは未だに昔のコミック版単行本一つ出てない有様である。こうして比較してみると向こうはコンテンツとしての魅力を理解して少しは風化させないために予算をつぎ込んでいるように思う。ミンキーモモは基本的に放置だ。何かあっても既存の絵を使いまわすだけ。プロダクションの体力に大きな差がついてしまった今となっては何をしても無理なのかもしれない。

ぴえろ魔女っ娘組はオタク向けOVAも積極的に出していた。ミンキーモモはミュージカルや漫画連載も幼児向けだった。会社としての体力よりも企画力の差じゃないかという気がする。近年の話ではなく、当時から差があったのだろう。ジーベック組が抜けなくても今みたいになっていたのかもしれない。

とはいっても。首藤先生も芦田豊雄も亡くなってるし、小山茉美も歳を取りすぎた。全てが遅すぎる。パチンコが出た、あの時がラストアクションだったのだ。

キュラソ星人に対して負けた悔しさはある。だが、もう忘れようじゃないか。ミンキーモモは完全に終わったのだ。自滅したと言ってもいい。

ただなぁ。

今の素晴らしいデジタル技術で滑らかに動く美しいミンキーモモは見たかった。

とか言ってたら2022年に何か作ってくれるんじゃないか(笑)

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

花寺のどかと海モモ初期の服が似てる!? #ミンキーモモ #プリキュア

放送延期のおかげで録画たまっていたのも消化されつつある「ヒーリングっど!プリキュア」。主人公の花寺のどかの私服なんだけど、海モモの初期デザインの服に似ていてイライラする(笑)のどかっちの服の色が白のベースに青、スカートが赤とモモっぽい。髪は明るい茶色で右には髪飾りと近い。

Nodokamomo2

胸のところの青と白が分かれるデザイン、肘までの白ブラウスが特に似ている気がする。まぁ使う色なんか限られているから偶然なんだが。

今では古臭いキャラの顔や服装も東映アニメぐらいになってきたな。「ミュークルドリーミー」はJCスタッフって事もあって今風。もう新しい話題もないので少しでもモモに近いと敏感に反応する。

まぁミンキーモモが現在の少女向けアニメの始祖っていうのは揺るがないと思うよ。バトンで華麗に踊って変身、変装、魔力で解決。マスコットキャラ。ピンク髪(プリキュアが変身後にピンク髪になるのは魔法の力→ミンキーモモのイメージ)。アイテム集めて目的に近づく。

っても、別に新作は要らない。やっぱりミュージカルのダメージ大きかったです。もう寝ます。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »